勝つ・・勝つ・・・勝つ・・!!!


by tomonaoyoshi33
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:『背番号』( 5 )

かわります

原監督、20人の背番号変える! 史上最大級改革  原巨人が来季、背番号を大シャッフルすることが5日、分かった。原辰徳監督(48)の強い意向のもと、V奪回へ向けて心機一転を図る。

姜が「97」→「17」、高橋尚が「17」→「21」、木佐貫が「21」→「41」、

林が「30」→「13」、野間口が「13」→「33」に変更することが内定。


 調整中も含めると、過去に例のない20人にも及ぶ「大移動」となりそうだ。原監督はこの日「いい選手より強い選手になれ」とゲキを飛ばし、ナインへ心身の変革を求めた。

 FAで小笠原、トレードで谷を獲得するなど、今オフ、積極的な戦力補強を行っている原巨人が、チームの刷新へ向け極秘で一大プランに着手していた。主力選手を含めた背番号の大シャッフルだった。

 すでに李は「33」から「25」、小坂は「2」から「6」へ変わることが決まっているが、

 この日までに5選手の変更が内定した。


 背番号変更には、原監督の強い意向が働いている。V奪回へ心機一転、動き出すことになるが、それぞれに意味合いがあるという。

 ヒサノリから「17」を受け継ぐが、もともと巨人の17番は最近では槙原、古くは沢村栄治が球団創設時に付けていた右投手の番号だった。シーズン途中からローテーション入りした右腕が、さらなる飛躍を目指す。

 背番号変更は2度目となるが、21番は高橋一三、宮本ら左のエースの代名詞ともいえる番号だった。今シーズン後半は守護神として活躍した左腕、その名に恥じないふさわしい番号を背負う。

 41番はメジャーで311勝を挙げ、殿堂入りもした元メッツの大投手、トム・シーバーの背番号。近年、伸び悩む右腕に「巨人のトム・シーバーになれ」との願いが込められている。

 13番は中日の絶対的な守護神、岩瀬の背番号でもある。同じ左投手でセットアッパーを務める若武者には、ゆくゆくは抑えとして岩瀬のような活躍をしてほしい。

 04年に希望枠で入団も、2年連続で期待通りの活躍はできていない。今季、4番としてシーズンを通して活躍した李の背番号にあやかり、肉体的にも精神的にも成長してもらいたい。

 この5選手だけではない。その他にも現在、調整中も含めると、総勢20人以上の背番号が変更する予定だ。巨人では過去には94年オフに12人の背番号変更があったが、それを上回る過去最大級の大幅なシャッフルとなりそうだ。

 チームは2年連続Bクラスと低迷する。「ここからはい上がることは並大抵ではない。それでも、前のめりに戦い、栄冠を奪い取るしかない」原監督は常々、そう繰り返す。背中も変わる新しい巨人で、5年ぶりの覇権奪回を目指していく。


(2006年12月6日06時06分 スポーツ報知)

 背番号が『重くなる』のには・・・・訳がありそうですね。

木佐貫・野間口・・・・・は・・・・・・・・

ヒサノリの21は、高橋一三(V9時・・・左投手)がつけていましたね。

Moreアジア大会・・・
[PR]
by tomonaoyoshi33 | 2006-12-06 08:14 | 『背番号』

永久欠番


 金田正一

この方、「47勝」しか上げていないんですよね、(巨人では)

 川上・長嶋・王の3選手は「生涯巨人」です、

 黒澤さんは、病死されたのでその番号は「欠番」になったのでしょうね。

 各チーム・・・これから「永久欠番」はでるのでしょうか・・・・

 「55」は巨人、松井ですが・・・戻ってきても・・・ありえませんね、

 峠を越えて帰ってこられても・・・

 「51」のオリックスは・・・どうでしょうか????

 6年連続「200安打」を先日記録しました・・・
 
 再び「つける」事があっても・・・するのでしょうか、、、ね。

 その頃まで、「オリックス」と言う『チーム』があるでしょうか・・・

  
[PR]
by tomonaoyoshi33 | 2006-09-20 18:09 | 『背番号』

0 と 00

他のチームでもいえるが「0」と「00」は「背番号」としては『新しい番号』である。

 巨人では、 「0」は 川相(H1~H11) 川中(H13~)
米 川相は H12~15までは 「6」である。

 「00」は 屋敷(H6~7) 高村(H8~10) 後藤(H11~17)


 0=川相である、「犠打(送バント)」の名手としても有名だが、守備も「GG」(ゴールデン・グラブ)である。長嶋政権の時宮崎へキャンプを観にいったが、走者が「確実にセーフ」になるところで打球を止める練習をしていた。
 「犠打」の世界記録を彼が持っているのは野球ファンならずともご存知の方はおられるだろうが、majorでは、「併殺」くずれ、等も「記録」として扱われていたので、これを彼に当てはめると幾つになるのだろうか・・・・。
 ちかいうちに「G」へ帰ってきて「犠打」の極意を伝授してもらいたいものだ・・・・。



[PR]
by tomonaoyoshi33 | 2005-11-21 17:13 | 『背番号』

今日は「2」です

 今日「2回目」だから背番号も(2)をあげた訳ではありません。【1】と【3】は『王・長嶋』ですからね。この二人の後には誰もつけません。「永久欠番」です。

 さて、本題ですがこの「2」は以下の選手たちが付けました。尚、1~2年の期間の選手は省きます。

 広岡(S35~41)・上田(S45~53)。松本(S55~62)
 蓑田(S63~H2)・元木(H6~17)
となりますが。松本は「青い稲妻」といわれて、「盗塁王」を獲得しています。第一次・長嶋政権時に、2アウトからでも、「代走・松本」のコールが聞かれました。そして、蓑田は「阪急(現・オリックス)からトレード」できました。「トリプル3」の達成者(3割・30本・30盗塁)の一人です。4年後に「くせもの」とMr.が命名した元木へとつながる。彼は、高校(上宮)卒業後1年の【浪人】をへて「巨人」へ入団した選手である、まだ働ける年齢ではあったが【巨人】に拘りつづけての【引退】であった。来シーズンから誰が付けるのだろうか・・・・・・。


[PR]
by tomonaoyoshi33 | 2005-11-12 10:32 | 『背番号』

「G」の15

大阪桐蔭の辻内が「15」を受け継ぐことが決定した。ここで、過去の「15」をサラリと紹介しましょうかね。「18」に次ぐ『エース』の背番号と言っても、いいのではないかと思う。40年代(昭和)【エースの・ジョー】と言われた「城之内」が付けていた。次が 横山(※あまりパットしなかった。)次が、キャッチャーの 山倉→川原→後藤(投手)へと受け継がれて「辻内」となる。山倉以外は「投手」である、彼には「真の・エース」の番号にしてもらいたい・・・・のだが・・・・・。

これからは、「背番号」のことも ボチボチ 書き込みます。



[PR]
by tomonaoyoshi33 | 2005-11-11 14:13 | 『背番号』